オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

ペットボトル

自宅では、ペットボトルの飲み物を冷蔵庫に常にストックしているという人もわりと多いでしょう。
ペットボトルは、自分でお茶を煮だす必要もありませんし、フタを開ければすぐに飲めますから、自宅にストックしておくのにも便利なのです。
ただ、夏になると飲み物を飲む量が自然と増えますから、夏はペットボトルのゴミがあっという間に増える時期でもあります。
飲み終わって空になったペットボトルは、案外かさばりますから、すぐにいっぱいになってゴミ捨てをしないといけなくなるでしょう。
また、自動販売機でミニペットボトルを購入しても、自動販売機の近くにゴミ箱が見当たらないこともあります。
そういう時は、外で飲んだミニペットボトルの空き容器を自宅に持って帰ることになりますから、なおさらペットボトルのゴミが増えやすくなってしまうのです。

とはいえ、ペットボトルやミニペットボトル、そして缶ジュースなどは手軽に買える飲み物ですから、一切飲むのを辞めることは難しいことでしょう。
ただ、できるだけ水筒に飲み物を入れて持ち歩くようにすることで、ペットボトルのゴミを減らすこともできるのです。
ちなみに、現在はドリンクホルダーに入るようなスリムサイズの水筒も販売されていますから、どんどん水筒も進化してきているのです。

ワンタッチ

水筒には、様々なタイプのものがあります。
水筒は筒形の容器となっており、飲む時にはフタを外して、それをコップ代わりにするというのが一般的です。
つまり、飲み物が入った入れ物と、コップが一体になっているような容器となっています。

ただ、フタを外してコップ代わりにするものだと、片手で飲めないという弱点があります。
遠足やピクニックなどのように、落ち着いて飲み物を飲める時であれば、このタイプでも問題はありません。
しかし、仕事中に飲み物を飲む時などは、片手でフタを開けられるワンタッチオープンタイプの水筒が便利です。
ワンタッチオープンタイプの水筒であれば、飲み口に直接口をつけられるので、フタを外して飲み物を注ぐというステップがいりません。
また、これと同じようなものに、ストロー付きの水筒があります。
ストロー付きなので、飲みたい分だけ飲むことができますし、飲みたいと思った時にすぐ飲めますからお子さんには特にオススメです。

魔法瓶

夏になれば、子供たちが夏休みを迎えます。
夏休みには、子供たちがお友達と外へ遊びに行ったり、家族でピクニックに行ったりすることなどもあるでしょう。
そういう時も、子供には水筒を持たせることで、いつでも好きな時に水分を補給してもらえるのです。

例えば、子供にジュース代を渡したとしても、子供のことですから他のものを買うために使ってしまうかもしれません。
そうなると、ジュースなどの飲み物を我慢して、水分不足の状態になってしまうおそれがあります。
そのため、ジュース代を渡すのもいいのですが、それとは別に水筒も持たせておくという方法があります。
この方法であれば、水筒があるので確実に水分補給ができますし、足りない分はジュースを買うなり、子供のお小遣いにするなりして対応できるからです。

また、家族でピクニックへ行く時は、色々と荷物があるはずです。
ビニールシートなどの敷物やお弁当を用意するだけでも大変ですが、ここに人数分のペットボトルが加わってしまうと、荷物の量がかなり増えます。
しかも、お弁当を食べる頃には飲み物がぬるくなってしまうおそれがありますし、ペットボトルを凍らせていくと、専用の袋を用意しなければ飲む頃にはビショビショになってしまいます。
よって、ペットボトルは手軽に買えるというのが便利ですが、冷たいものを冷たいままで飲める魔法瓶の水筒などはピクニックにも最適なのです。